2014年4月7日

金森興業、「新・東洋大径鋼管」始動 5億円投資 板巻工場が完成

 鋼材加工・販売の金森興業は、大径鋼管製造の東洋大径鋼管工業の事業を継承、グループの金森メタル(千葉県山武郡芝山町)敷地内で進めていた板巻工場が完成、生産を開始した。総投資額は約5億円で、総建屋面積約1700平方メートルの工場を建設するとともに、東京都江戸川区の旧・本社工場から生産設備を移設、新体制に刷新された。冷間の造管を手掛けるP棟、熱間造管の大径鋼管生産設備を備えるR棟、加熱炉棟での3棟で構成。R棟には大径管製造設備の4メートルベンディングロール、2メートルベンディングロールなどを移管。冷間による造管部門と新設された加熱炉を加え、新生・東洋大径鋼管工業として運営に乗り出した。

おすすめ記事(一部広告含む)