2014年4月17日

新日鉄住金、ヒモ付き厚板5000円上げ

 新日鉄住金は2014年度に造船向けなど厚板のヒモ付き価格についてトン当たり5000円程度をめどに値上げする方針を固めた模様だ。13年度は円高是正を背景に造船、建・産機、エネルギー分野などで需要が回復したものの、依然として厚板事業の収益は厳しい状況にある。足元の原料価格の下落分は為替変動で相殺されるほか、物流、資材のコストアップで採算を圧迫する傾向は強まっており、マージンの改善は不可欠という。こうした情勢を踏まえ、収益を重視し、本年度にヒモ付きについて段階的に値上げを進め、再生産可能なレベルに収益改善を図りたい考え。

おすすめ記事(一部広告含む)