2014年8月21日

エキスポランド跡地 大型複合施設 鉄骨使用は8000トン 阪和など受注

 三井不動産は大阪府吹田市で「(仮称)エキスポランド跡地複合施設関連事業」の開発を進めているが、鉄骨建て方は早ければ9月から開始する。大型複合施設には鉄骨が約8000トン使用される見込みで、基礎部分などで鉄筋が約5000トン使用される見込み。鉄骨はHグレードファブの三栄建設(本社=大阪府八尾市)や阪和興業など6―7社が受注したもよう。

おすすめ記事(一部広告含む)