2014年9月22日

東京製鉄、10契も全種据え置き

 東京製鉄は22日、10月契約分の鋼材販売価格(店売り向け)に関して、全品種で据え置くと発表した。全品種据え置きは9カ月連続。条鋼類及び厚板、カットシートは9カ月連続、鋼板コイル類と角形鋼管は10カ月連続となる。為替の円安進行で輸入している副原料価格上昇や、エネルギーコストアップとして今後負担が大きくなり、「本来であれば製品値上げにつなげていきたいが、為替変動が短期間で国内産業構造がすぐに切り替える動きになっていないこと、また足元の需給バランスを考慮した」(今村清志・常務取締役営業本部長)。ただ、「円安・ドル高を踏まえて、11月契約以降はエキストラ体系を含めて全面的に見直す可能性はある」(同)と言及した。

おすすめ記事(一部広告含む)