2014年10月1日

鉄鉱石、スポット市場が底割れ 大手山元拡張で

 鉄鉱石のスポット市場が底割れしている。中国着価格がトン80ドルを割り込み、海上輸送費を除くFOB換算では70ドル(7700円)を下回るなど、リーマン・ショック後の2009年以来の低水準に移行している。山元のコストなどから下げ余地は乏しいと見られるが、底が見えない状況。中国の鉄鉱石輸入量は年率9億トン程度の高水準が続いているが、大手山元の大規模な拡張が先行する供給過剰の中で、価格切り下げが進む。

おすすめ記事(一部広告含む)