2014年10月1日

世界粗鋼需要、19年17・7億トンに増

 豪資源・エネルギー経済局(BREE)がまとめた見通しによると、2019年の世界の粗鋼需要は17億6900万トンと13年比12・1%増える。右肩上がりの伸びが続くが、伸び率は年間1・5%程度にとどまる。中国は世界の増加分の半分以上を占め、引き続き需要増を引っ張る。ただ、伸び率は徐々に低下すると想定している。インドの需要は18年に初の1億トンに到達するなど、比較的高い伸びを続ける見通し。新興国も伸び率は従来よりも低下するものの、引き続き世界需要を押し上げると見ている。

おすすめ記事(一部広告含む)