2014年11月14日

鉄連、温暖化対策 CO2排出900万トン削減

 日本鉄鋼連盟は、2020年以降の地球温暖化対策をまとめた。低炭素社会実行計画フェーズ2として、最先端技術を最大限導入することで、対策を採らなかった場合の05年を基準(BAU)に、鉄鋼生産プロセスの二酸化炭素(CO2)排出量を2030年時点で900万トン削減する。世界最高水準の省エネ生産工程をさらに効率化するエコプロセスに加え、エコソリューション、エコプロダクト、革新的技術開発の4本柱の取り組みを通じて、鉄鋼生産工程を超えて地球レベルで温暖化対策に貢献する。

おすすめ記事(一部広告含む)