2014年12月22日

奥澤産業、ヘビーレベラ―を更新

 北関東地区の有力コイルセンター、奥澤産業(本社=栃木県小山市、奥澤國男社長)はレベラーラインのヘビーレベラーを更新する。老朽化対策が主な目的だが、レベラーロールの平坦度矯正能力とシャーのせん断能力を増強し、最大板厚を現在の4・5ミリから6・0ミリに拡大する。老朽更新のタイミングに合わせ、設備に改良を加えることで、効率的に品質や生産性などの競争力を高める狙い。
おすすめ記事(一部広告含む)