2015年10月6日

山陽特殊製鋼、来春にも完成 本社近隣に新製品倉庫

 山陽特殊製鋼は、本社工場(兵庫県姫路市)の隣接地に新製品倉庫を建築する。完成は来年3月を予定。約1万平方メートルの用地を取得し、建屋面積約5600平方メートルの倉庫を建設。保管能力は約1万6000トンで、置き場管理システムを導入し、作業効率の向上を図る。

おすすめ記事(一部広告含む)