2015年10月9日

近江鍛工、小型リングライン本格稼働

 近江鍛工(本社=滋賀県大津市、坂口康一社長)は、約20億円を投じて信楽工場(滋賀県甲賀市)に新設した直径1・5メートルまでの小型リングの全自動ラインがこのほど本格稼働を開始した。これにより、大型および中型の製造ラインに加えて、全クラスでの能力増強を完了した。新設備では建設機械向けなどの高精度小型リングを生産し、材料コストの低減やリードタイムの短縮を図り、競争力強化につなげる。

おすすめ記事(一部広告含む)