2015年10月26日

柿木鉄連会長、粗鋼1億600万トンに期待

 日本鉄鋼連盟の柿木厚司会長(JFEスチール社長)は23日の定例会見で、「国内需要はマアマアの水準を維持する」との見方を示しつつ、「中国の経済減速によるリスクが急速に高まっており、鋼材輸出への影響が懸念される」と強調。2015年度の全国粗鋼生産見通しについては「1億600万トンくらいを期待したい」とし、前月の見通しから「100万トン強」下方修正した。

おすすめ記事(一部広告含む)