2015年11月26日

厚板シヤ工組、建材分野契約改善を側面支援

会見する石原理事長(左)・大住総務委員長(右)

 全国厚板シヤリング工業組合(理事長=石原慶明・JFE鋼材社長)は、厚板の建材取引適正化に向け、契約行為の改善を側面から支援する。同組合の建材取引適正化に関する資料で示した書面を前提とした契約のルール化と法令順守、材料費と工賃、輸送費などを合算した切板価格算定方式の明確化を基本に、ファブリケーター(鉄骨加工業者)など建材分野で普及促進。新たにまとめた歩留まり、一次・二次加工エキストラとを積算する切板価格算定方式の具体指針と覚書を提示した契約の具体指針を浸透させていく。取引適正化は会員各社の個社対応となるが、今後も全国中小企業団体中央会助成金も活用し、改善への意識を醸成、ファブとの連携を強め、取り組みを後押しする。

おすすめ記事(一部広告含む)