2015年12月7日

丸洋産業、ファイバーレーザー導入

 地区有力鋼材流通である鬼頭鋼材(本社=愛知県東海市、横田誠社長)の関連会社、丸洋産業(本社=愛知県東海市、社長=鬼頭洋史・鬼頭鋼材会長)は、ファイバーレーザー加工機を1基導入し今月から稼働を開始した。鬼頭鋼材本体が行っていた機械関連向け小物品の加工を丸洋産業に移管することで、グループ全体の厚板加工における生産性向上、納期対応力の強化につなげていくことが狙い。総投資額は1億円程度。
おすすめ記事(一部広告含む)