2016年5月25日

新日鉄住金、耐摩耗鋼の用途拡大

新日鉄住金、耐摩耗鋼の用途拡大
新日鉄住金のブース・中央が飯島常務

 新日鉄住金は耐摩耗鋼「ABREX(アブレックス=ABrasion・Resistance・EXcellent)」の用途開発、部品向けのアフターマーケット拡大を図る。ABREXブランド統一から3年が経過、前年度には製造可能範囲とメニューを充実したのを受け、同社・製鋼所での鍛造プレス機のライナーなど製鉄所内の設備関連を含め、建機以外の新たな用途を開拓、併せて建機の補修部品など部品取替え期をにらんだアフターマーケットの展開を広げる。国内4社5拠点のサプライチェーンを生かすほか、海外市場ではアジア、北中南米やアフリカでの強化に当たる。2015年度は重量で前年度比13%増の3万5000トンレベル、顧客数で12%増の250社弱に伸展しており、16年度も重量、顧客数とも10%以上の拡大を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)