• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2016年7月22日

東海地区コイルセンター、7月稼働率100%超へ トヨタ増産で

 東海地区のコイルセンターの加工量は6月以降、高水準となってきており、稼働率も高まってきている。7月単月ではかなり高い加工水準となる見通しで、稼働率は100%(東海コイルセンター工業会調べ参考)を超える可能性が強まっている。トヨタ自動車が今年に入り、これまでに3回、国内完成車組立工場の生産を一時休止したが、6月からはこの落ち込み分の取り戻しに注力しているため。ただ、8月は同社の日当たり生産はある程度高いが、夏季休暇もあって稼働日が例月よりも少なく、地区コイルセンターの加工量、稼働率は一時的に低下するが、9月以降は7月と同様に、稼働率は100%を超える方向だ。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-7733-7050

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2019/10/15
H2新断プレス
22300円 (―)24700円 (―)
203.8ドル (-0.54)225.74ドル (-0.6)

 換算レート (TTS) 109.42円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2019/10/15調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
7000064000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8500084000
鉄スクラップ
H21200010000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 +651 +646 +649 +644
電気亜鉛 300 294 300 294
電気鉛 282 279 282 279
アルミ二次地金 99% 195 190 195 190

非鉄金属市場価格へ