2016年10月24日

エフテック 溶接ライン、国内汎用化が完了

エフテック溶接ライン
 自動車向け複合機能部品メーカーのエフテック(本社=埼玉県久喜市)はこのほど、主力生産拠点である亀山事業所(三重県亀山市)で自動車向け鉄製機能部品の溶接ラインを汎用化した。これにより2013年からスタートしてきた国内生産ラインの汎用化が完了。新規部品の生産立ち上げ時に新たに設備を導入することなく、治具交換だけで対応が可能。ラインの汎用化により設備投資費を抑制でき、事業対応力の強化が期待できる。
おすすめ記事(一部広告含む)