2016年12月22日

JFES、福山の形鋼ミル改造 生産可能サイズ拡大

 JFEスチールは、西日本製鉄所(福山地区)で設備の合理化、能力増強投資を進める。地区の形鋼ミルを改造し、生産可能サイズの拡大を図る。またペレットの使用量を抑えるため焼結機の能力増強なども検討する。地区の2016年度の粗鋼生産量は15年度(1065万トン)並みの水準を見込む。

おすすめ記事(一部広告含む)