2017年3月2日

薄板3品在庫、1月末も400万トン割れ

 1月末の国内向け薄板3品在庫(メーカー・問屋・全国コイルセンター工業組合の合計、速報値)は前月比2・2%、8万5000トン増の389万6000トンとなり、5カ月ぶりに増加した。鉄鋼メーカーと需要家の稼働日の相違といった季節要因で、例年、1月末は前月に比べて9万トン程度増加する傾向にあるが、例年の増加幅を下回った水準にある上、需給バランスの目安とされる400万トン割れは5カ月連続。新日鉄住金では「在庫の減少トレンドは続いており、需給にもタイト感がある」(薄板企画部)と指摘している。

おすすめ記事(一部広告含む)