2017年3月8日

ヒロハマ、プレスライン2基増設

 缶部品製造のヒロハマ(本社=東京都墨田区、本多三郎社長)は子会社のP・Sヒロハマ勝央工場(岡山県勝田郡勝央町)に18リットル缶用の部品を製造するプレスラインを2基増設する。投資額は工場の増築費用のみで約8000万円。増築工事は今年9月中旬に完了予定で、10―11月の稼働開始を目指す。千葉工場(千葉県船橋市)では約2億円を投じ、事務・厚生棟を新築する。

おすすめ記事(一部広告含む)