2017年9月8日

中鉄、精密切断機を導入 ねじ節鉄筋加工効率化

 中鉄(本社=大阪府高槻市、中川六雄社長)はこのほど、本社工場に東陽建設工機製の鉄筋用精密切断機「TFB―XL」を導入した。ねじ節鉄筋の切断の効率化を追求するとともに、切断端面の高品質化を図るのが目的。導入後、ねじ節鉄筋の切断量については現状の月間300トンから、順次増やしていきたい考え。

おすすめ記事(一部広告含む)