2017年11月8日

菰下鎔断、新工場棟を建設へ

 菰下鎔断(本社=大阪府貝塚市、菰下千代美社長)は来年3月末の完成予定で、本社工場の第2工場の南隣に溶断専用の新工場棟を建設する。新工場棟には全長80メートルの定盤を設置し、ファイバーレーザー切断機2基、NCガス溶断機2基を導入。切板能力を拡大し、納期対応のさらなる充実化を進めるとともに、増加している薄物の加工注文にきめ細かく対応するのが狙い。完成後、本社工場の切板能力は現状比約2割増の3300トン程度となる見通し。

おすすめ記事(一部広告含む)