2017年11月28日

進藤鉄連会長 ガイドライン運用徹底

 日本鉄鋼連盟の進藤孝生会長(新日鉄住金社長)は27日の定例会見で、三菱マテリアルの子会社や神戸製鋼所の品質保証問題に関し「(神鋼の)第三者を中心とする外部調査委員会での原因や再発防止策などの詳細な発表を踏まえ、必要があれば鉄連の関連委員会で対応を考えていく」と述べ、組織体制がどう捉えられているかも含めて内容を見ていく考えを示した。さらに「9年前に強化した鉄連のガイドラインの運用を徹底していく。新日鉄住金としても同じ」とガイドラインの運用を厳格化する方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)