2017年11月29日

合同製鉄 異形棒鋼の12月販売価格、6万5000円に引き上げ

 合同製鉄は異形棒鋼の販売価格(ベースサイズ)に関して、12月1日からトン当たり6万5000円に引き上げる。同社では現在、同6万3000円を異形棒鋼販売価格の下限に設定しているが、鉄スクラップおよび副資材の購入価格やエネルギーコストが上昇する環境下、早期に異形棒鋼の販売価格を再生産可能な水準に引き上げていく。

おすすめ記事(一部広告含む)