2017年11月30日

関西地区コイルセンター、コスト上昇懸念強まる 輸送費・副資材値上がり

 関西地区のコイルセンターでは、トラック輸送費や副資材価格の上昇を受けて、製造・物流のコストアップに対する懸念が強まっている。転嫁を継続する薄板値上げに加えて、採算を圧迫する要素が多く、コスト構造の実態をあらためて見直すべき局面との認識が広がっている。

おすすめ記事(一部広告含む)