2018年2月21日

新日鉄住金エンジ、岡部総合実験センター竣工 短工期・高品質を実現

 新日鉄住金エンジニアリング(本社=東京都品川区、藤原真一社長)は21日、岡部から受注した総合実験センター「岡部総合実験センター」(所在地=茨城県下妻市)が竣工したと発表した。新日鉄住金エンジと岡部の商品を採用することで、実験棟・倉庫棟ともに短工期かつ高品質を実現した。岡部総合実験センターは事務所併設実験棟(鉄骨造2階建て、延床面積1965平方メートル)、倉庫棟(鉄骨造平屋建て、延床面積805平方メートル)の2棟で構成する。岡部は総合実験センターを建設関連の制振・免震・耐震商品開発のさらなる高度化・迅速化を目的とした開発拠点と位置づけている。

おすすめ記事(一部広告含む)