2018年6月8日

飯塚鉄鋼 新在庫拠点、一般鋼材を本格販売

 飯塚鉄鋼(本社=姫路市別所町北宿、矢野健社長)は今年5月下旬から、新・鋼材センターでの一般鋼材の在庫販売を本格的に開始した。本社工場の近くにあった阪和工材(本社=大阪市淀川区)の旧・姫路営業所(姫路市別所町)の土地・建屋を購入し、在庫体制を整備していたもので、在庫は一般形鋼、平鋼など一般鋼材約600トン。今後、姫路とその周辺地区の小口・短納期のニーズにさらにきめ細かく対応していく方針。

おすすめ記事(一部広告含む)