2018年8月17日

飯塚鉄鋼、プレス設備増設検討

 飯塚鉄鋼(本社=兵庫県姫路市別所町北宿、矢野健社長)は、今年11月にも本社工場にプレス設備1基を増設する方向で検討している。導入予定設備はコマツ産機製の300トンプレス。今春にトルコ製のプレス設備を新設し、鋼板の曲げ加工に進出したが、同加工はすでにフル操業となっており、外注対応を継続していた。今回、こうした外注加工を可能な限り自社に取り込むとともに、鋼板の二次加工全体を強化していくのが狙い。

おすすめ記事(一部広告含む)