2018年6月11日

大同特殊鋼、中国の偽装品流通に対策

 大同特殊鋼は11日、同日から「金型用鋼材トレーサビリティシステム」を本格的に稼働させると発表した。新システムの展開は中国で、当面の対象は偽装品の流通量が多いNAK80。導入により顧客は入手した鋼材が同社の販売・出荷したものかを即座に判断できるようになる。

おすすめ記事(一部広告含む)