2018年8月20日

東京製鉄、輸入廃乾電池を岡山工場で処理  海平金属が輸入

 東京製鉄は、輸入された使用済み乾電池(廃乾電池)を岡山工場(倉敷市南畝)でリサイクル処理する。環境省の指導・協力を得て、金属リサイクル業の海平金属(本社=神奈川県秦野市)がニュージーランド・オークランド市で発生した廃乾電池5トンをアビリティーズ社から輸入し、東鉄・岡山に2018年8月20日に搬入、順次処理するもの。廃乾電池は電気炉を活用して鉄スクラップとともに溶融することで、高温無害化処理が可能。東鉄では国内外から廃乾電池を受け入れ、世界的に資源循環型社会の形成に貢献していく。

おすすめ記事(一部広告含む)