2018年8月31日

建材薄板メーカー、マージン回復へ正念場

 建材薄板メーカーによる販価是正が佳境に入っている。原板価格や亜鉛やアルミなど副資材の高騰を受け、各社は2年前から値上げを重ねてきたが、これまでに表明済みのトン当たり累計3万円の値上げについては、ようやく完遂しつつある。「メーカー間で値上げ幅にばらつきがある」(扱い筋)との指摘もあるが、大半のメーカーが非住宅向けでは値上げ幅が3万円に達したもよう。マージン回復までもうひと踏ん張りのところにきており、今後は住宅向けや建材メーカー向けでも値上げの積み残し分を浸透させられるかどうかが収益改善のカギを握りそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)