2018年10月4日

関西地区の溶断業者、切板唱え再度引き上げ

 関西地区の溶断業者は先月から、切板の唱えを再度引き上げてきている。国内外メーカーの母材の値上げが相次ぎ溶断業者は収益が悪化してきており、これを是正するのが狙い。すでに、地区の切板価格は高値で10万6000―10万7000円(トン当たり、SS材、直線切り)が出てきており、一部大手業者では「年内にも11万円の大台乗せとなる可能性が出てきた」としている。

おすすめ記事(一部広告含む)