2017年11月22日

関西地区 切板9万5000円固まる

 関西地区の切板価格は上伸基調が続いており、現在、9万5000円(トン当たり、直線切り、母材価格を含む)がほぼ固まりつつある。地区の溶断業者が母材価格の上昇を受け、収益改善・維持のため切板の唱えを引き上げており、これが市中に浸透してきていることによるもの。ただ、母材価格の値上がりが続いており、溶断業者は「今後は10万円の大台を目指したい」としている。

おすすめ記事(一部広告含む)