2018年10月24日

大同特殊鋼、炉体旋回式電気炉を外販

 大同特殊鋼はこのほど、世界初の炉体旋回式製鋼用電気炉の外販を開始した。2013年に知多工場(愛知県東海市)に導入した炉体旋回式電気炉(150トン電気炉)による実装検証成果を踏まえ、機械事業部が顧客の求める仕様に応じ設計・製作する形で外販に乗り出したもので、同事業部の鉄鋼生産設備部門の主力製品として期待する。

おすすめ記事(一部広告含む)