2018年10月26日

藤田商事、CNC旋盤4基導入

 特殊鋼流通の藤田商事(本社=千葉県浦安市、藤田忠義社長)は、浦安機械加工センターに最新鋭のフラット型CNC旋盤4基を導入する老朽更新投資を行った。総投資額は、基礎工事費などを含め2億円。新設備は長径・大径品の強力重切削に対応し、加工精度および生産性の向上に寄与する。近年、切断加工から機械加工まで顧客の要望が広がる中、機械加工能力を引き上げ付加価値を創出し、顧客ニーズに応える。

おすすめ記事(一部広告含む)