2018年11月2日

テクノタジマ、プラズマ加工機更新

 特殊鋼・普通鋼の流通加工業者であるテクノタジマ(本社=名古屋市南区、田島徹也社長)は、本社工場のプラズマ加工機を1基更新し、11月から本稼働を開始した。既存設備の老朽化に対応するとともに、同社製品の中では比較的薄い、板厚25ミリ以下の切断加工を効率化させることが狙い。生産性向上により、需要家への納期対応力の向上とともに、作業員や既存設備への負荷軽減につなげていく考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)