2018年11月19日

高炉メーカー、ひも付き薄板 電機・建材向け値上げ コスト高受け 概ね4000円超水準

高炉メーカーが電機や建材関連の四半期購入のひも付き需要家と薄板価格の値上げ交渉に入ったことが分かった。原料炭などの主原料価格の値上がり、原油価格やそれに伴う原料フレートのコスト上昇、合金資材や物流費などさまざまなコストアップを受けたもので、個社商談のため値上げ要請幅は一律ではないようだが、おおむねトン当たり4000円を超える水準になっているもよう。

おすすめ記事(一部広告含む)