2018年11月29日

大同特殊鋼 工具鋼製品販価、サーチャージ制適用 1月納入から反映

 大同特殊鋼は29日、需要家および店売り、国内輸出向けなどすべての工具鋼製品について、来年1月納入分から合金原料価格の市況変動に追随した製品販売価格へのサーチャージ制を適用すると発表した。対象となる合金原料は、モリブデン、バナジウム、タングステン、コバルトの4品目。基準期間と比較期間の合金原料価格変化差から算定する方法で、来年1―6月の販売価格は、基準期間(2011―16年)と比較期間(18年6―11月)の合金原料価格変化差を販売価格に反映、以後6カ月ごとに販売価格を改定する。

おすすめ記事(一部広告含む)