2019年1月28日

米・加の鉄鋼・アルミ関税問題 解決は新協定発効後か

 【名古屋】カナダ自動車部品工業会のフラヴィオ・ヴォルペ会長は25日、産業新聞社の取材に応じ、アメリカとカナダ間の鉄鋼・アルミニウムの関税問題について、北米自由貿易協定(NAFTA)の後継となる新協定「米国・メキシコ・カナダ協定」の批准後、2019年末頃には解消に向かうとの認識を示した。また、新協定に含まれる自動車部品の輸出数量規制に関しては、完成車に使用されている部品は含まれないため「大変寛大なもの」と歓迎の姿勢を見せた。

おすすめ記事(一部広告含む)