2020年8月13日

Aミッタル、日本製鉄との米薄板合弁 カルバートに電炉新設

欧鉄鋼大手のアルセロール・ミッタルは12日、日本製鉄との米国の薄板生産合弁会社のAM/NSカルバートに電炉を新設すると発表した。建設期間24カ月で電炉を新設、熱延以下の工場に上工程を設け、高級鋼用を含め年間150万トンのスラブを自前で確保する。ブラジル含めアルセロール・ミッタルの拠点からスラブを調達していたが、メキシコの鉄源事情や米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)に対応し、一部を内製、北米で鉄源を安定確保する狙い。

おすすめ記事(一部広告含む)