2019年1月28日

現代製鉄、18年純利益4割減 価格改善で売上高は最高

 韓国の現代製鉄が25日発表した2018年通期決算によると、連結純利益は4080億ウォン(403億円)と前年比43・9%減った。一時費用の影響で収益を削ったが、特殊鋼、順天第3溶融亜鉛めっきライン(CGL)の増、造船需要増などで高付加価値品の販売が伸び、価格改善を受けて、売上高は最高だった。19年は鋼材販売で2261万2000トンと4%増やし、高付加価値化、コスト削減などで収益を確保する。

おすすめ記事(一部広告含む)