2019年3月4日

大和特殊鋼、春日工場プラズマ機更新

 ステンレス流通大手の大和特殊鋼(本社=大阪市西区、今井隆社長)は、厚中板の加工拠点である春日工場(兵庫県丹波市)のプラズマ切断機1基を新鋭機にリプレースした。1月中旬から稼働しており、投資額は付帯設備を含めて7500万円。切断品質の向上に加え、水プラズマで板厚80ミリまで対応するなど切断可能範囲が大幅に拡大したことで、作業環境の向上も図っている。

おすすめ記事(一部広告含む)