2019年4月8日

鍛圧機械受注、18年度10%増

 日本鍛圧機械工業会は8日発表した、2018年度の受注実績によると受注総額は3898億円で前年度比10・1%増となった。2年連続のプラスで、リーマン・ショック前の水準に戻した。18年度修正見通しの3850億円を達成した形だ。国内、輸出とも伸展、受注総額累計をけん引した。

おすすめ記事(一部広告含む)