2019年4月24日

共英製鋼、5月異形棒据置き

 異形棒鋼国内最大手の共英製鋼は24日、5月販売分の異形棒鋼価格を全事業所とも前月比で据え置くと発表した。同社では3月販売分から2カ月連続、計4000円の値上げを実施。主原料となる鉄スクラップ価格は4月に入って下落しているが、これまでの値上げ分の市場への浸透を図り、「スクラップ価格や需給バランスのみに連動した販売価格ではなく、『リサイクル事業』としてのコストに見合う、継続した再生産可能な適正販価を目指す」(同社)方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)