2019年5月23日

大同プラント工業、脱炭防ぐ鋼管焼鈍炉を初受注

 大同特殊鋼グループの工業炉メーカー、大同プラント工業(本社=名古屋市南区、山本孝幸社長)は、世界で初めて開発した鋼管焼鈍時に鋼管表面に脱炭現象を起こさない新型無酸化鋼管焼鈍炉「IMPACT(Innovative・Multi―Pipe・Annealing・ConTrol)」を引抜鋼管メーカーの中国加工拠点向けに受注した。同炉の第1号受注で、このほど炉の製作を終え出荷。これを弾みに鋼管加工業界への普及拡大に注力する。

おすすめ記事(一部広告含む)