2019年5月27日

中国上場鉄鋼31社業績、純損益26社が減益 1―3月期 原料上昇で利益縮小

 中国上場鉄鋼31社の2019年第1四半期(1―3月期)の純損益は8割強の26社が減少し、うち1社が赤字に転落した。昨年秋から鋼材の需給が緩んだことで販売価格が下落。鉄鉱石など原料価格が大きく上がり、鋼材トン当たりの利益が縮小した。4月以降、鋼材価格は上がっているが原料価格も続伸。政府の景気刺激策や増値税引き下げなどプラス要素はあるものの増産基調の一方で激化する米国との貿易摩擦が需要を冷やす恐れがある。

おすすめ記事(一部広告含む)