2019年6月20日

JFES上期契約、特殊鋼棒線の価格改定

 JFEスチールは主原料価格をはじめ、資機材価格や物流費などの各種コストが大幅に増大していることから、引き続き2019年度上期契約分においても特殊鋼棒鋼・線材の価格改定に踏み切る。対象は国内向け(ひも付き、店売り)、輸出向けの特殊鋼棒線で、改定幅は2016年度上期比で累計3万円になる可能性もある。同社ではすでに需要家との交渉を始めている。

おすすめ記事(一部広告含む)