2019年9月10日

合同製鉄・船橋、台風15号影響で操業を一時休止

 関東を直撃した台風15号の影響を受けて、鉄筋棒鋼などを生産する合同製鉄船橋製造所(千葉県船橋市)は製鋼工場の屋根が一部損傷し、操業を一時休止した。同社によると、鉄スクラップの荷受けも一時休止しているが、製鋼・圧延とも生産設備に被害はなく、数日中に製鋼工場の再開のめどが立つ見込みという。

おすすめ記事(一部広告含む)