2019年9月20日

河合シャーリング、ファイバーレーザー増設 印字装置付加で効率化

岐阜県の有力鋼板加工業者、河合シャーリング(本社=大垣市、河合基宏社長)は今月初旬に、ファイバーレーザー加工機を1基追加導入し、同タイプのレーザーを2基体制とした。1号機と同様に20段ストッカーを付設するとともに新たにインクジェットマーキング設備も設置。作業員の負荷を軽減すると同時に、製品仕分けなどに要する時間を削減することで、納期対応力のさらなる強化を図る。試験稼働を経て今月下旬から本稼働を開始する予定だ。

おすすめ記事(一部広告含む)