2022年3月30日

河合シャーリング ファイバーレーザー増設 3基体制に

岐阜県の有力鋼板加工業者、河合シャーリング(本社=大垣市、河合基宏社長)はこのほど、ファイバーレーザー加工機を1基追加導入し3基体制とした。1、2号機と同様に20段ストッカーを付設し夜間などの連続稼働能力を向上。設備の生産性を高めることで、顧客の要求納期に従業員の負担を抑えながら対応する狙いだ。

おすすめ記事(一部広告含む)