2019年10月2日

大同特殊鋼、Ni系ステンレス棒鋼・形鋼10契から10%値上げ

 大同特殊鋼は1日、ニッケル系ステンレス棒鋼、形鋼の販売価格を10月契約、12月出荷分から10%引き上げると発表した。店売り含めて全ての取引が対象で、輸出はすでに先行して実施している。6月以降のニッケルの価格上昇を受けて2018年7月契約以来の値上げに踏み切る。原料コスト高は転嫁するが、電極、輸送費などその他コストも上がっており、需給や収益など今後の情勢を見極めた上で、追加値上げも検討する。

おすすめ記事(一部広告含む)